いぼができる原因って何?再発を予防できる手術を受ける前に

女の人

昔からある方法

注射器を持つドクター

いぼの除去といえば…

いぼで悩んでいる人は昔から多くいます。そんな多くの人のいぼの悩みを解決してきたのは、液体窒素を用いた治療法です。これは、昔からある切除手術と同じぐらい主流のいぼを除去する方法になります。液体窒素は、-196度という低温をいぼに当てることで低温やけどを起こして細胞を破壊し、除去できるようにしていきます。一度の治療だけでいぼを除去することはできませんが、昔からある方法で症例が多いので安全性の高い治療だといえます。また、医療機関の専門医のみ行なえる治療のひとつなので安心して受けられるようになっています。それに、いぼの状態によっては切除手術と同じく保険が適用される治療になります。低予算でいぼを除去したいのならおすすめです。

デメリットがある

液体窒素でいぼを除去することは、安全性が高い、予算を抑えられるというメリット部分があります。しかし、デメリットもあります。それは、色素沈着を起こす可能性がある、治療中に痛みを伴うことがあるなどです。痛みを伴うのは、いぼの部分に低温やけどを起こすので避けられない事実です。どうしても痛みを感じたくないのなら、医師に相談して局部麻酔を行なってもらうようにしてもいいでしょう。色素沈着を起こす可能性があるのは、いぼを除去した部分や個人の体質によって異なります。色素沈着を避けたいのなら、切除手術などの別の方法を選んだほうが適切です。切除手術なら、いぼを根っこ部分から切り取ることになるので、色素沈着が起こってシミのように残るのを避けることができます。
液体窒素は、費用を抑えたい、目立たない部位のいぼを取り除きたいというのなら最適な除去方法だといえるでしょう。