いぼができる原因って何?再発を予防できる手術を受ける前に

女の人

除去する時の注意点

顔を触るウーマン

手術を受ける前に注意点

いぼを除去する為に切除手術を行なう時は、まず良性なのか悪性なのかを確認して、切除手術を受けられるコンディションなのかを確認します。血液や細胞の一部を検査しますが、一日で結果を確認できるので特に問題なければ手術日を決めるようになります。病院によっては、検査を行なった当日に受けることも可能です。しかし、ほとんどの病院は後日の手術日を設定することが多いので、事前に確認しておいたほうがいいでしょう。いぼを早く除去したいと考えているのなら、早めに病院へ行って手術日を決めておいたほうが安心です。
手術日当日は、特に何も用意していくものはありません。いぼの切除手術は、短時間で終わるので入院もせず日帰りで帰ってもらうことができます。ただし、健康保険が適用になる場合もあるので健康保険証を忘れずに持っていきましょう。

手術後の注意点

無事いぼの切除手術が終わったら、そのまま帰宅することができます。しかし、いぼがあった部分は傷ができたという感じになるので、しばらくは痛みを感じたり、腫れたりすることがあります。そのため、病院からは手術後の部分に塗る薬や痛み止めなどを処方してくれます。それに、傷部分に細菌が入らないようにしばらくは絆創膏を貼る必要があります。塗る薬は、手術の跡を残さないようにするためにも必要なので、毎日しっかりと塗るようにします。そして、しばらくしたら経過を確認するために病院へ行きます。経過が良好で絆創膏も取って大丈夫となったら、今まで通りの生活を送れるようになります。人によっては、絆創膏を貼っているのが嫌だということで、医師からの許しがないのに取ってしまう人もいます。そうした場合、細菌が入って症状が悪化し、跡が残りやすくなるので医師が良いと言うまでは貼り続けるようにしましょう。