いぼができる原因って何?再発を予防できる手術を受ける前に

女の人

保険が適用されない時

カウンセリング

回数が必要だと気になる

いぼを除去する治療は、切除手術以外だと何度か治療を行なう必要があります。切除手術の場合は、メスを用いていぼを切って取るので一度だけで済みます。しかし、手術後の状態を確認するために何回かは病院に通う必要があります。切除手術以外の治療方法は、なんどかいぼに対してそれぞれの方法を行ない、いぼを徐々に除去できるようにしていきます。そのため、何回か治療のために通院する必要があります。液体窒素は、ほとんどのいぼに対して保険が適用されて治療を受けられます。1回1000円程度の価格で治療を受けられますので費用に対する心配はほとんどいらないでしょう。
しかし、レーザー治療などは、切除手術や液体窒素と違って自由診療になることが多く、健康保険が適用されることはほとんどありません。適用されないレーザー治療なら、一カ所にできたいぼを除去するのに3万円ほどかかるので治療前に確認しておいたほうがいいでしょう。高いのなら受けたくないと思うかもしれませんが、綺麗にいぼを除去できるという大きなメリットもあるので、色素沈着が起こるかもしれない液体窒素や手術後はしばらく絆創膏を貼らないといけない切除手術を避けたいのなら、レーザー治療はおすすめです。美容外科などの美容中心の治療を行なっているところで受けられるので、仕上がりも綺麗になります。顔にできてしまったいぼにとても有効なので、綺麗に除去したいと思っているのならレーザー治療を検討してみてください。
いぼを除去する方法によって価格も保険適用も変わるので、自分にどれが適しているのかを見極めて受けることをおすすめします。自分では判断できないというのなら、医師に相談して決めるのもいいでしょう。病院の医師に相談すれば、適切ないぼの除去方法を教えてくれますし、予算に合わせて提案してくれるので決めやすくなります。