いぼができる原因って何?再発を予防できる手術を受ける前に

女の人

病院選びのポイント

鏡を見る女性

押さえておきたいポイント

いぼを除去する治療方法は、手術、レーザー治療、液体窒素、内服薬、注射などになります。内服薬や注射での治療は、特にメスや機械を用いて行なうわけではありませんし、どちらかというといぼを今以上に大きくさせない、発生させないようにする為の治療になります。既にできているいぼを確実に除去したいのなら、手術、レーザー治療、液体窒素のどれかを選択することになります。基本的にいぼを除去できる病院では、どれも取り扱っています。そのため、病院に行ってからどの方法でいぼを除去するのか決めることだってできるでしょう。しかし、どの方法でいぼを除去するのか決める時に必要なことは、医師の腕がいいのかというポイントです。いぼの切除手術やレーザー治療、液体窒素は、知識もあり技術が高い医師でないと綺麗に除去できない可能性が高いからです。そのため、病院を選ぶ時はどれほどの実績があるのか、症例は何件あるのかなどを確認することが大切です。例えば、切除手術でいぼを除去するとなったら、できるだけ皮膚に傷跡が残らないように手術してくれる腕があるのかが必要になってきます。これも、病院の公式ホームページを確認すれば症例で実際に手術を行なった人の経過を載せてくれています。症例を確認すれば、腕がいいかどうか判断しやすくなるでしょう。
他にも、カウンセリングはしっかりと行なってくれるのか、アフターケアがあるのかなども確認しておいてください。カウンセリングでは、いぼの状態や治療法のメリットやデメリットなどの説明があるので、自然と長くなります。それに、カウンセリングでは自分が気になっていることも聞けるので、質問に対してきちんと納得できる答えが返ってくるのかも大切なポイントです。明確な答えがない、カウンセリングの時間が短いというのなら、他の病院に行ったほうがいいかもしれません。アフターケアは、手術などの経過を診てもらったり、万が一何か起こったら対応してくれたりするのかなどを確認しておきましょう。今はほとんどの病院で行なってくれていますが、稀にアフターケアに力を入れていないところもあるので確認しておくことをおすすめします。